“残念な使い方”をモンドにセレクションする

zannenn

有史以来、数々の道具を発明し、改良し続けてきた人類。

しかし、星の数ほどの便利な道具が溢れているこの現代においても、さまざまな物が残念な使われ方をし続けています。

そんな“残念な使い方”をされている物を目にしたとき、人はふと立ち止まり、より便利で輝ける未来のために、思考を巡らせ始めるものです。

そんなわけで今回は、巷に溢れている“残念な使い方”をされた物たちに光を当ててみることにしてみました。(ルネッサンス的に)

 

残念な台車の使い方

http://ameblo.jp/cart-boy/entry-10695650111.html

店舗の看板を台車に載せたまま看板として店前に置かれていました。
たぶん店側から言えば店の中から外へ出し入れには便利で効率的だと言う考えがあると思います。これは腰痛対策・店準備時間短縮から考えればメリットがあります。しかし「店の看板」ということを考えれば、台車に載っているからには看板が荷物として見られ台無しです。

台車を土台にしたせいで、看板が台無しとは皮肉なものですね。

上記のページにて、台車のプロからの実用的なアドバイスがすでになされていましたが、あえて素人目線での提案をさせてもらうなら、看板を町のオブジェ的にアレンジして、出しっぱなしにしておくというのはどうでしょうか?

いやというほどに看板が目立ち、町中のみんなに注目されるだけでなく、待ち合わせ場所として大賑わいすることでお店も大繁盛。思わず嬉しい悲鳴が溢れ出るはずです。

 

残念なDIYの仕上げ方

http://vicdiy.com/zairyo_knowhow/012/012.html

私は屋内で使用する様々な物を製作する際、最後の作業としての塗装に油性ニス仕上げを採用することが多いです。 その理由は木工材料を最も美しく見せてくれるからに他なりません。 しかしよく聞く話ですが、作っては見たものの塗装せずに白木のままでおしまいという方もおられ、片手落ちであり残念なことだと思います。

上記のページにて、DIY用品のプロからの実用的なアドバイスがすでになされていましたが、あえて素人目線での提案をさせてもらうなら、ニューヨークに一日放置するというのはどうでしょうか?

ニューヨークのクィーンズ地区には「5POINTZ」と呼ばれるグラフィティアートの聖地がありますので、並み居るグラフィティアート超人たちが、瞬く間にあなたの作った木工製品にも最高の塗装を施してくれるはずです。

 

残念なとろみ調整食品の使い方

http://www.wakodo.co.jp/product/special/care/foods/toromiyell/ser_toromiyell2.html

残念ながら、とろみ調整食品をたくさん入れると、香りがマスキングされたり、ベトベトしたり、味が変わったりすることがあります。また、混ぜているときよりも後になってからとろみの状態が強くなる、という特色もありますので、入れすぎには注意が必要です。

上記のページにて、とろみづけのプロからの実用的なアドバイスがすでになされていましたが、あえて素人目線での提案をさせてもらうなら、蓮根を活用してみるのはどうでしょうか?

すりおろした蓮根でとろみをつけるのはもちろん、蓮根の穴に液体を沁みさせる大胆な方法も良いですし、ビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含み、胃壁の保護や消化促進まで果たすという、すぐれたところだらけな食材は、きっとあなたのとろみへの期待を満たしてくれるはずです。

 

残念な青色LEDの使い方

http://togetter.com/li/25173

青色LEDの使い方が下手な工業製品が多すぎる。高輝度で点滅さすな!まぶしいんだよ!デザイナーも電源いれるとこまで面倒みれ!

上記のページにて、工業製品レビューのプロ的視点から、実になる話がすでにたくさん寄せられていましたが、あえて素人目線での提案をさせてもらうなら、宝探し仕立で秘めやかに隠してみるのはどうでしょうか?

青色LEDの光の自己主張の強さは多少隠された程度では抑え込むことのできないもの。その力を逆手に取れば、物陰から青く神秘的な光を放つ宝箱を部屋において楽しむなどの、インテリアの遊びに活かす事もできるはずです。

 

以上のように、“残念な使い方”のあるところには、必ず新たなる可能性への扉が開いているものなのです。

みなさまも身の回りで“残念な使い方”を発見した際には、まだ見ぬ未来への夢を膨らませてみてください。

“残念な使い方”に光あれ!

タグ:





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



Twitterであらまほをフォローしてください