ドンピシャなネーミングのために抑えるべき7つのポイント

concept_success

前記事『ネーミングで勝利するための8つの法則』からの続きです。

 

前回の記事では、ネーミングのために選出した言葉を組み合わせる造語法のまとめを行いましたが、今回はその言葉を選出する前に、どのようにしてコンセプトを固めるのかという部分について、ポイントを整理していきます。

といっても、今回は自分自身のライターネームを設定するのが目的なので、商品名のためのマーケティング的考察というよりは、名前とはどんな要素から成り立っているのかについての考察が中心です。

もともと名前とはなんのためにあるのかと言えば、まず何よりも他のものから識別することを目的にしています。そのため、他のものとの差別化し、識別が可能な要素を取り上げて、名づけが行われる場合が大半です。

そして、その差別化要素を意味合いに沿って分類すると、下記の7つにまとめることができます。

 

1.機能・能力

そのものは何のために使えるのか、何ができるのかなど。

得意分野を表している場合。

 例:ストレッチマン、コンピューターおばあちゃん

2.役割・仕事

そのものが何を担当しているのか。社会的振る舞い、地位など。

社会的属性を表している場合。

 例:エスパー伊東、エスパー清田

3.見た目・様態

そのものは外面的にどのような特徴があるのか。色、質感、大きさ、構造など。

物理的属性を表している場合。

 例:こども店長、ポニョ

4.立地・位置関係

そのものがランドマークを基準にしてどの方角・位置にあるのか。

周辺環境の特徴を表している場合。

 例:墓場鬼太郎

5.性格

そのものにはどのような行動傾向があるのか。口癖、類型的エピソードなど。

行動特性を表している場合。

 例:うっかり八兵衛、忠犬ハチ公

6.所属・続柄

そのものの組織・グループ内でのポジションなど。

関係性における特徴を表している場合。

 例:叶姉妹、座頭市

7.願望・思い入れ

そのものの将来の活躍にかける期待や、理想像の投影など。名

付け親の思い入れを表している場合。

 例:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

 

以上の7つのポイントを踏まえて、どのような意味を名前に持たせるかを考えれば、ネーミングのためのコンセプトも固めやすくなります。

それでは、この「あらまほ」というサイトでこれから記事を書いていこうとしている私の名前は、どのような言葉を使いネーミングするべきかを考えるために、私の特徴を思い浮かべ、列挙していきましょう。

 

◎機能・能力

  • 息を吸える
  • 昼間は影ができる

 

◎役割・仕事

  • 記事を書く
  • デザイン
  • 脱力

 

◎見た目・様態

  • 肌色
  • 二足歩行

 

◎立地・位置関係

  • 大阪(世界で12番目に住みやすい都市)暮らし
  • 太陽の塔のお膝元住まい

 

◎性格

たかがサイトで使う名前を決めるだけで、2回にも分けてこんなこんな記事を書くくらいだから・・・

  • 大げさ
  • 理屈っぽい
  • 一つのネタで引っぱりすぎ
  • 自己満足の塊
  • うざい
  • どっか行け
  • どこへ行くんだ
  • ここにいいていいぞ
  • なんか喋れよ
  • ちゃんと寝ろよ
  • 布団蹴ったら風邪ひくぞ
  • だから言っただろ
  • 世話焼かせるなよ
  • だからほっとけないんだよ・・・
  • という妄想癖

 

◎所属・続柄

  • 「あらまほ」の二番手

 

◎願望・思い入れ

  • 飽きずに末永く続けていきたい

 

ざっと挙げてみるとこんなところですが、名前の意義が識別にあるのであれば、あまりにも多数のものに当てはまりすぎる特徴は、名前に採用しても個性となりづらいと言えます。

また逆に、あまりに特殊すぎる要素で名前を構成しても、意味が伝わらずにネーミングとして失敗することにも注意が必要です。

そしてさらなるネーミングの小技として、今回「一般名称のみ」の形をとり、それ人名として使っても良いのですが、よりいっそう人の名前っぽくするためのアレンジとして、「苗字+名前」「苗字+一般名称」「一般名称+名前」「一般名称+名前的接尾語」「名前的接尾語+一般名称」などのパターンに当てはめて、体裁を整えるのも効果的ですね。

というわけで、引っぱりに引っぱりましたが、そろそろ年貢の納めどき。自分の名前を決めてしまいましょう。

上に列挙した語句のうちで、自分をパーソナライズさせたいとパッと思うのは、「太陽の塔のお膝元住まい」という、立地・位置関係の要素です。

 

太陽の塔」いえば、言わずと知れた1970年開催の大阪万博のシンボルです。

もちろんリアルタイムでエキスポを体験してはいないのですが、エキスポタワーの残骸や太陽の塔など、幼少期からずっと身の回りにエキスポという遺跡から発する独特のムードを感じ続けてた気がします。

そんなエキスポ遺跡の周辺住民としての意味合いを、『ネーミングで勝利するための8つの法則』を踏まえてまとめてみると、脳内にこんな名前が浮かび上がりました。

 

「エキスポー」

 

長くなりましたが、ようやく名前が決まりましたね。これからどうぞよろしくお願いします。

 

名前が決まったとたん、早くも太陽の塔やエキスポランドの現状を取り上げた記事を書かなくてはいけない気になってきてしまっているので、名づけの効果というのは恐ろしいものです。

今後はぜひ、この名前の呪縛とのせめぎ合いの様子のほうも、楽しんできたいただければと思います。

ネーミングで勝利するための8つの法則

normal_scrabble

このサイトを始めるにあたってまず最初に考えなくてはいけないもの。
それは、これから記事を書く自分自身の名前です。

そしてせっかく考えるのならば、ここはドーンと天下を獲れるくらいのいい名前をつけたいという野望を胸に秘め、ネーミングの方法について考えてみました。

まずはネーミングの基本を抑えるべく勉強してみたところ、ネーミングのためにテクニックには以下の8つのものがあるそうです。

1.プラス造語法(A+B=AB)

2つの言葉をそのまま足して、合わせるだけ。誰にでもできる簡単な造語法です。

シンプルがゆえに言葉に対するセンスが求められます。
どんな言葉を選び組み合わせるのかが、とても重要です。

【例】シー+ガイア=シーガイア(リゾート施設)

★プラス造語法のポイント
・ 文字数の少ないキーワードを選ぶこと。
・ 文字の響き(語感)の強いキーワードを選ぶこと。
・ 意外性のある組み合せを作るとインパクトが増す。

2.減量造語法(A+B=ab)

減量造語法は、プラス造語法を行った結果として生じる、文字数が多くなってしまう、語感が好ましくない、インパクトが薄れてしまった、というような欠点を補うのに役立つ手法です。

2つのキーワードをそのまま足すのではなく、元の言葉の意味を保ちながら、発音しやすいように文字をカットするので、意味と音の響きとのバランスの見極めが重要になります。

【例】ごはん+パン=ゴパン(お米のパン焼き器)

★減量造語法のポイント
・ 文字数を気にせず、意味に重点を置いてキーワードを選ぶことができる。
・ 文字を省略した後でも元の言葉のイメージが伝わるように、誰もが良く知っている言葉を選ぶこと。
・ コンセプトを上手に言い表している言葉同士を組み合わせると良い。
・ プラス造語結果から1文字づつ削除しながら語感のよい言葉を探して造り替えると簡単。

3.変形造語法(A→a)

変形造語法はキーワード単体でコンセプトが充分に表現できていても、発音しにくかったり文字数が多くてインパクトに欠けるときに、キーワードの一部を都合の良い文字に替えたり削除する手法です。

【例】adherence→アデランス(かつらのブランド)

★変形造語法のポイント
・ コンセプトを的確に表現するキーワードを選択すること。
・ 元のキーワードのイメージがなくならない範囲で、他の文字に置き換えたり、削除して、文字としての見た目や語感の良い変化のさせ方を探すべし。
・ 接尾語造語法と組み合わせて、語尾変化を追加するのもおすすめ。

4.頭文字造語法([Abc],[Def],[Ghi]→ADG)

各単語の頭文字を組み合わせて造語する方法で、アクロニム(acronym)造語とも言います。

コンセプトを表現する文章(英文)から作る方法と、複数の言葉から作る2つの方法があります。

文章から作る場合は、最初に基本文を作ったあと、語感の良い並びになるように、文法に考慮しながら単語を入れ替えていくなどの試行錯誤をしながら作成します。

複数の言葉から作る場合は、コンセプトを表現する言葉を数多く用意したあとに、良い語感になるまで言葉の組合せや順番を入れ替えていきます。

【例】Japan Aerospace eXploration Agency→JAXA(宇宙航空研究開発機構)

★変形造語法のポイント
・複数の言葉でコンセプトについての情報を豊富に盛り込むことができる。
・語感の良い並びになるよう、どのような順序でどんな言葉を並べるかが重要。
・最初にネーミング案を決めておき、それに当てはまる言葉を探し出していくほうが簡単な場合もある。

5.並べ替え造語法(abcde→edcba)

並び替え(アナグラム)造語法は文字遊び的な要素のある方法です。
文字を並び替えたり、順序を逆につなげたりして、意外な語感を発見できます。

また、並び替えた言葉が別の意味を持つ場合はアナグラムと呼ばれていています。
例えば英語の「STOP」のアナグラムは「TOPS」「POST」「SPOT」「POTS」「OPTS」などがあります。

前後から読んでも同じになる回文、文字の中に別の文字の意味を含む(カンガール語)もアナグラムの一種です。

文字数が増えると大変な作業になるので、アナグラム自動生成などのサービスを利用することで手間を省くことができます。
英語のアナグラムを自動で見つけてくれるサイト

【例】からだ→ダカラ(清涼飲料水)

★並び替え造語法のポイント
・予想もつかなかったような、意外性のある名前を作れる可能性がある。
・略語にした結果、ダブルミーニングの名前をつける高等テクニックが使えるとカッコイイ。
・総当り的な作業になるため、根気も必要。

6.語呂合わせ造語法(A→エイ)

語呂合わせ造語法はダジャレ感覚の造語法です。
うまくできれば面白く覚えやすいネーミングになりますが、高級なイメージや真面目な印象を伝えたい場合には、使うのが難しい方法です。

【例】有名人→湯名人(風呂釜)

★語呂合わせ造語法のポイント
・親しみやすく、安心感を抱かせるためには、とても有力なネーミング法。
・コンセプトよりもダジャレ要素に意識がいきやすく、インパクトが薄れる危険がある。
・ネーミングとしての難易度はけっこう高め。

7.語尾変化造語法

よく知られているキーワード(単語)を、ほぼそのままネーミングに使用することで、親しみやすく分かりやすいネーミングにできるのが語尾変化造語法です。

接尾語をキーワードの後に接合する造語法は、元のキーワードのイメージを残しながら語感を整え、コンセプトを的確に伝えるネーミングが可能になります。

【例】blend→ブレンディ(インスタントコーヒー)

★語尾変化造語法のポイント
・キーワードに接尾語をプラスするだけなので、比較的簡単に造語できる。
・接尾語にも意味があるので、コンセプトに適切な接尾語を結合すればメッセージ性が高めることができる。
・語感に難のあるキーワードでも語尾を変化させることで響きの良いネーミングにすることができる。

8.和洋折衷造語法

外国語かと思わせつつ、日本語だったパターンのネーミング。
日本語を巧みにアルファベット化した和洋折衷の造語方法です。

ネーミングの条件として非常に重要な「分かり易さ」を実現する上で、日本語がベースになっていることはとても強みになります。

【例】SUUMO→住もう(住宅情報サービス)

★和洋折衷造語法のポイント
・響きは外国語ぽいのに、日本語として意味が理解できるギャップ効果により、新鮮でインパクトのあるネーミングが作成可能。
・言葉の表記を変えるだけなので、キーワード選びが簡単。

以上の8つのネーミング法を武器に名前を考えれば、もう勝利は見えたようなものですね。

早くも天下を獲ってしまったかもしれないと、ウキウキが止まらなくなりそうですが、高揚感とは裏腹に、数分間考えてみたものの、取っ掛かりが見つからないというか、コンセプトを何にするかがはっきり定まっていなかったことに気付きました。

商品やサービスならまだしも、自分自身の名前にコンセプトを考えないといけないとなると、どこに焦点を絞っていいのか解らなくなりそうですね。

また、自分の名前に盛り込むコンセプトとなると、変に大風呂敷を広げすぎたり、逆に可能性を制限しすぎたり、これから記事を書いていくのに邪魔してしまう名前をつけてしまいそうな気もするのが悩ましいところです。

そんなわけでここはひとつ、かねてから隠し持っていた秘密道具を出すしかない! と、こんなものを用意してみました。

これは何かというと、「面雀(おもじゃん) 」という、1998年に放送された深夜番組『松ごっつ』にて行われていた、言葉の手札を組み合わせてより面白い語句を作る遊びを真似て、自作してみた「面雀(おもじゃん) 」用のカードです。

なにも思いつく取っ掛かりが見つからないときは、辞書や雑誌などを適当に開いて言葉を拾ってみ見たり、偶然に任せて「響く言葉」を探していくのも一つの手ということで、せっかくならば10年前の自分のワードセンスを信頼して、このカードを活用してみましょう。

とりあえず、まずは何も考えずにカードをシャッフルして引いてみるとします。


【どこからともなく+ドア】

ドラえもんの「どこでもドア」で、移動してこられた方の視点に立ってしまったようですね。おそらく入浴中のしずかちゃんの気持ちを代弁していると思います。

単純にプラス造語法を当てはめれば、「どこからともなくドア」なのですが、少し長くて言いづらいので、減量造語法を当てはめてみると・・・

「どこからドア」

そしてさらに、頭文字造語法を使うと・・・

「DKD」

なんともあっさりと、ネーミング完了です!

10年前の自分の荒削りながらも飛ぶ鳥を落とす勢いをもつワードセンスが、知識と経験により見事にアップデートされる、奇跡の瞬間が早くも訪れてしまいました。

ライターネームという観点から見ても、後付けではありますが、「さまざまな話題へといざなうドアを次々と開いていくような記事を書く人」という意味で成立しそうです。

ということで、もう充分によいネーミングが完成した気もしますが、備えあれば憂いなし。保険として、別の候補も欲張って作ってしまいます。


【サラダ+の喩え】

なんだか新約聖書に出てくるイエス・キリストのたとえ話にありそうな感じですね。

これも減量造語法を当てはめてみると・・・

「サラダトエ」

なんとなく人の名前っぽいと思えば、そんな気もしないでもないですが、語呂合わせ造語法でもう一ひねりしてみると・・・

「サラダ10円」

こんなに新鮮で色とりどりな話題満載の記事が、このお値段で!?と、コストパフォーマンスの良さから大人気間違いなしのライターネームが完成しました。

でも実際は0円で記事書いてるし、そのへん誤解を招くのは避けなくてはいけないということで、別の候補を作成してみましょう。


【包み隠さず+透明】

どういう状況を言い表しているのか解りそうで解らないこの感じ、個人的には好きですが、キャッチーさを出したいところですね。ここはひとつ、語尾変化造語法を使ってみて・・・

「包み隠さず透明くん」

かなりキャッチーさを補うことはできましたが、語感のキャッチーさと意味の茫漠さとのギャップが強すぎて、なんとなく不気味な怖さが漂ってしまってる気もします。

意味を明確化させるために、変形造語法を使ってさらにアレンジすると・・・

「スケさんカクさん」

言葉の変形テクニックとしては成功したけど、二人組とかじゃないし、これはボツかな。

でも、ここまでくるとどんな言葉を引いても上手く変形できそうな自信がついてきたので、次からは三枚同時に引いてみることにしてみます。


【屋根の上の+カーテン越しの+ゴリラ】

まさかこんな街中に、森の番人といわれるゴリラがプライベート空間を大事にしながら暮らしているとは、という意外性に充ちていて、好奇心を刺激してくれそうな取り合わせです。

しかし名前として使うには文章ぽくなりすぎているので、まずは変形造語法でアレンジしてみると・・・

「オクジョウンテン・カーテンゴシ・ゴリラ」

なんだか学術名的な感じになってきました。字数的にさらに長くなってしまったのを解決するため、減量造語法で短くまとめてみます・・・

「オクジョウーテンゴリラ」

微妙に和洋折衷造語法も入ってきたような結果になりました。

しかし、だいぶ意味的には解りづらい形になってしまったので、さらにアレンジすると・・・

「ウーテンのゴリさん」

何十年も愛され続ける国民的人気者っぽい名前が完成しました。

でも、名前自体に敬称を入れてしまうと、「ウーテンのゴリさんさん」とか呼ばれてしまいそうな不安があるので、できればこの名前は避けたいところです。

というわけで、さらなる可能性を追い求めてみましょう。


【童話+主義+はないものとして考える】

いくつか並べ方のパターンが考えられますが、「童話はないものとして考える主義」が一番収まりが良いように思います。

減量造語法で短くまとめてみると・・・

「無童話主義」

グリム童話を生んだ国ドイツでは童話を「Marchen(メルヘン)」と言いますが、理性的にメルヘンの存在を否定する態度を表現するためのアレンジを変形造語法で施してみましょう・・・

「メルヘンキッチュ」

少々意味が変わってしまった気もしますが、空想のごった煮として童話を読んで大人が楽しむのは、「メルヘンチック」ではなく「メルヘンキッチュ」だとも言えるかもしれません。

しかしながら、理性自体もまた一つのメルヘンではないのかなどと、名前に引っ張られて記事とは関係ないことを考え出してしまいそうになるので、こういう小難しい感じの名前は避けたほうが良いように思います。

さて、さらに枚数を増やしていきましょう!


【海を渡った+先+同い年+症候群】

これまでで一番つかみ所のない取り合わせですが、外国を旅した途端に、人類皆兄弟、老若男女バリアフリーだという気分に浸っている状態なのでしょうか。

頭文字造語法と並べ替え造語法で短くしてみましょう・・・

「SOUS」

そしてこここに和洋折衷造語法でアレンジを加えると・・・

「ソウッス」

敬語とタメ口があいまいな馴れ馴れしさを表現することに成功しました。

名前という観点からは、ギリシア神話にしか出てこない風なのが引っかかるところですが、悪ふざけしすぎて「ウスター・ソウッス」みたいにするのもどうかと思うので、変形しすぎない慎ましさもたまには必要です。

以上で、8つすべての造語法を一通り試し終わったので、次は盛大に5枚カードを引いて、ラストにしましょう。


【象のような+君の前に出ると僕は+物憂げに+火山+に溺れる】

シュールレアリズムかぶれの切ないポエムのようにも読めますが、それぞれの言葉が抽象的すぎてイメージの限定が難しいところです。

まず意味を固定しないことには言葉を省略することも出来ないで、解読が必要ですが、「象」と「火山」の扱いがポイントになりそうです。

「象」には、大きいとか鼻が長いとか、いろんなイメージがありますが、「君」を形容する言葉として無難な「やさしさ」のイメージを採用し、それに合わせて「火山」についても、マグマの活動のやさしい恩恵である「温泉」のイメージで文章の意味を汲み取ると、「温泉のごとくあふれ出す君のやさしさに溺れてしまう、自らの弱さへの憂い」を表してるのだと、なんとか筋道がつきそうです。

以上を踏まえて、減量造語法と語呂合わせ造語法を使ってみると・・・

「やさしさ掛け流サレンダー(surrender)」

強引にまとめすぎましたが、なんとか乗り切れた気がします。

 

しかし、ここまでいろいろ案を出してはみたけれど、どれもグッとくるものがないのは、やはり偶然の手で作り上げられるのは、コンセプトのヒントまでということですね。

そんなわけで、さらにここから「ネーミングに勝利するためのコンセプトの立て方」を考えていきたいと思いますが、すでに記事が長くなりすぎているので、ここにきてまさかの次回持ち越しです。

 

では続きをお楽しみに!

 

後編『ドンピシャなネーミングのために抑えるべき7つのポイント』に続く。







まだデータがありません。


Twitterであらまほをフォローしてください